ニュース

  • WEBでのご予約
  • 採用情報
TOPニュース > 前十字靭帯損傷
2020年5月18日
前十字靭帯損傷

スポーツなどで飛び上がった後着地した時、走っていて急に方向を変えようとした時などで損傷することが多いとされています。受傷時、激痛とともにブツッという断裂音を体感することが多く、数時間以内に関節がひどく腫れることがあります。陳旧例(以前気づかずに受傷し、適切な処置を施されなかった古い怪我)ではジャンプや方向転換を必要とするスポーツ動作で膝折れを繰り返す。放置すると関節軟骨が損傷し、変形性関節症へと進行することがあります。

『治療法紹介』

切れた前十字靭帯はギプス固定などでは元には戻りません。損傷後1ヶ月ほどで痛みは落ち着き、日常生活には支障がなくなることがほとんどですが、それは損傷に伴う炎症が落ち着いたためであり、靭帯自体は切れたままです。あまりスポーツ活動などを望まない中高年者には、装具装着やストレッチやトレーニングなどの理学療法を中心とした保存療法で経過をみます。一方で、スポーツ活動を望む若年者には前十字靭帯再建術が選択されることが多いです。また陳旧例でも日常生活動作で膝折れを繰り返す場合は再建術が選択されることがあります。手術後にはしっかりと理学療法を行うことが重要で、術後6ヶ月以上〜1年でスポーツ復帰が可能となります。当院では連携がある手術ができる病院への紹介状を作成することができます。また、術後は当院で理学療法を行うことができ、術後のフォローもできます。