施設・設備紹介 | 荒川整形外科リハビリテーションクリニック

施設・設備紹介

Facilities ・ Equipment
  • WEBでのご予約
  • 採用情報
TOP > 施設・設備紹介

施設について

患者様が治療を頑張りたくなる明るく広々とした空間デザインと機能性に富んだ施設です。
  • 受付フロア(1階)
  • 待合フロア(1階)
  • 診察フロア(1階)
  • リハビリテーションフロア(2階)
受付フロア(1階)
入口から受付までスムーズにお入りいただけます。患者様にご利用していただきやすいように、受付を広く取っています。最新のデザインだけでなく、患者様のご利用しやすさにこだわった地域のリハビリテーションのシンボルとなるクリニック建築です。
待合フロア(1階)
待合室は前面ガラスで明るく天井が高い広々とした空間です。トイレは清潔感のある自動手洗と温風式タオルを完備しております。車いすでも通院できるようにエレベーターと車いす用トイレを設置しています。
診察フロア(1階)
診察室は落ち着いた色合いで緊張せずにお話が伺えます。レントゲン室は明るく広々とした検査室です。
リハビリテーションフロア(2階)
光が差し込むオープンスペースになっています。歩行や動作を分析するために広い空間を取っており、投球したり、走ったりしていただけます。壁の一部は大きな鏡と姿勢チェックシートになっており、ご自身の姿勢や動作を確認していただけます。お肌を出す必要がある方はカーテンのあるベッドでプライバシーに配慮して治療します。

設備について

様々なお悩みに対応できるよう最新の設備を導入しております。快適に検査、治療を受けていただけるように配慮をしております。
また、診断、治療をする際に精度の高い機器を使用しています。

超音波診断装置(エコー検査機)

放射線を使用しないでリアルタイムで動いている内臓・組織を見ることができます。診断と運動療法で効果的に使用します。

ピラティス
専用器具

リハビリの発想で開発されたピラティスの専用器具を運動療法で効果的に使用します。

低周波治療機

ハイボルテージという深部組織まで刺激ができる治療器を使い、症状に合わせた設定で最適な治療を行います。

超音波骨折治療機

骨折治療は修復をただ待つのではなく、低出力超音波パルス治療を行い、約1.3~1.4倍早い治癒を目指します。

全身用X線骨密度測定装置(DXA)

骨粗鬆症予防と治療ガイドラインで腰椎と大腿骨近位部のDXA測定が推奨されています。当院ではこの骨粗鬆症の診断に信頼度の高いGE社のDXA装置(デキサ)を使用しています。患者様のデータはコンピューター管理され治療効果判定を簡単に可能にします。

骨粗鬆症の治療の専門の先生方へ(内科・婦人科など)
最新式骨密度検査対応致します。

当院では骨粗鬆症の治療の専門の先生方と連携して骨密度測定(デキサ)を行っております。効果判定の難しい患者様や定期的な骨密度測定にご利用ください。診療情報提供書にデキサ検査とだけ記載して頂き、患者様には予約なし当日優先的に検査いたします。結果は即日患者様にお渡しします。当院では貴院での今までの治療方針や投薬など変更することなく医療連携を行ってまいります。