ニュース

  • WEBでのご予約
  • 採用情報
TOPニュース > アキレス腱炎
2020年5月21日
アキレス腱炎

活動量の増加やトレーニング強度(距離、練習頻度など)の急激な増加、山道や砂利道など不安定な地形でのランニングなどによる反復負荷、ふくらはぎの筋力および柔軟性低下、足に合っていない靴の使用などが引き金となります。その結果、アキレス腱自体の炎症をきたして痛みを生じます。特徴として歩行開始時や、運動時(ジョギング・ランニング、ジャンプ)にアキレス腱やその周囲の痛みが出現します。アキレス腱部の圧痛やアキレス腱周囲の腫れが出現します。

『治療法紹介』

保存的には患部の安静、外用薬の塗布、ステロイド薬の局所注入が有効な他、アキレス腱への負担を軽減するために激しいランニングや痛みを強くする行動や動作をなるべく避け、安静にすることが必要です。ふくらはぎの硬さがアキレス腱へのストレスを増大させるため、理学療法ではアキレス腱からふくらはぎのストレッチや物理療法(電気、超音波、冷やす、温めるなど)を行い患部の治癒を促進します。