ニュース

  • WEBでのご予約
  • 採用情報
TOPニュース > 外反母趾
2020年5月14日
外反母趾

日本でも急速に増加してきている疾患で圧倒的に女性に多く、10歳台と40歳台の中年期の発症が多くみられます。要因としては足部アーチ低下(扁平足)を主とした足部変形やハイヒールによる母趾外反(足の親指が小指方向へ向く)強制が関連しています。症状は、母趾の付け根の疼み・腫れ・赤み・たこ・中足骨痛・アーチ低下によるバランス低下・足部機能低下による膝、股関節、腰の痛みなど様々です。中年期には体重増加および筋力低下も発症要因になります。診断は荷重時の足部X線像が用いられます。

『治療法紹介』

保存的には足部変形を改善・維持する体操やテーピング、装具療法を行いますが、変形がある程度進行したものでは手術的な治療が必要になる可能性があります。その他、サイズの合った靴を履くことが大切になってきます。ただし、外反母趾が原因と思っていても足首が硬い、筋力が使えていないなど状態によって痛みの原因や回復力は異なるので一度、整形外科医にかかることをお勧めします。当院では連携がある手術ができる病院への紹介状を作成することができます。また、術後は当院で運動器リハビリテーションを行うことができ、術後のフォローもできます。